検索&
商品カテゴリー
0
¥0

現在カート内に商品はございません。

パキシル (ルーマニア製) 20mg 28錠

¥5,696
商品コード: RY05789-1
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
症状によって服用の仕方が異なるなど、初めての方には非常に取り扱いが難しいのが、抗鬱剤となっております。

しかし、適切な使用を行うことによって、以前までの苦痛は緩和され、非常に快適な暮らしに戻ることができた♪と実感されるようです。

相性などもかなり関わってきますが、まずは使ってみて駄目なようなら、その他の商品を使ってみるなど試行錯誤もされてくださいませ。(一度、医師に相談もされてください。)

製造元 : GlaxoSmithKline

原産地 : Romania

パキシル(Paxil)のヨーロッパ販売名称(製造販売メーカ同一)

ピル形状(錠剤)

1錠あたりParoxetine(パロキセチン) 20mg

■ 輸 送 1~2週間前後で到着予定

■ 発 送 香港

国内2番目の選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)。セロトニン系の神経にだけ選択的に働くのが特徴です。この特性により、従来の抗うつ薬に多い口の乾きや便秘、心毒性などの副作用が軽減されます。従来品とは違う新しいタイプなので、第3世代の抗うつ薬とされます。うつ病の主要薬として広く処方されるようになりました。

同系のなかでもセロトニン再取り込み阻害作用が強く、抗うつ作用と抗不安作用をあわせ持ちます。そのため、うつ病に加え パニック障害と強迫性障害にも適応します。1日1回の服用で済む点も便利です。

普通錠(速放錠)にくわえ、放出制御製剤のパキシルCR錠が発売されました。有効成分がゆっくり放出され、血中濃度の上昇がより緩やかな製剤です。この特性により、吐き気などの副作用が多少軽減されるようです。

まれな例ですが、人によっては精神的変調をきたすとの報告があります。衝動的になったり攻撃性があらわれ、かえって悪い結果をまねくおそれがあるのです。また、離脱症状(退薬症状)を起こしやすいので、中止のさいは徐々に減量するなど注意が必要です。他の同類薬(SSRI)と比べ、これらの発現頻度がやや高いようです。

用法

うつ病・うつ状態ー通常、成人は1日1回夕食後、パロキセチンとして20~40mgを経口服用する。服用は1回10~20mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量する。なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減する。

パニック障害ー通常、成人は1日1回夕食後、パロキセチンとして30mgを経口服用する。服用は1回10mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量する。なお、症状により1日30mgを超えない範囲で適宜増減する。

強迫性障害ー通常、成人は1日1回夕食後、パロキセチンとして40mgを経口服用する。服用は1回20mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量する。なお、症状により1日50mgを超えない範囲で適宜増減する。

社会不安障害ー通常、成人は1日1回夕食後、パロキセチンとして20mgを経口服用する。服用は1回10mgより開始し、原則として1週ごとに10mg/日ずつ増量する。なお、症状により1日40mgを超えない範囲で適宜増減する。

※原則として、5mg錠は減量又は中止時のみに使用すること。

パキシルのジェネリック PEXEP

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿
薬の通販・筋肉増強剤通販のアイパワー のご利用について

◎ラシックス・インデラル最安値

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬事法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

既に会員のお客様は、ログイン下さい。