商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品コード: Melatonin TimeRelease3mg 100

メラトニン タイムリリース錠 3mg 100錠

販売価格 3,304
販売中
ポイント: 28 Pt
*
  • 数量 
商品詳細情報

★通常のメラトニンと違ってメラトニンタイムリリース錠は効き目が長いのが最大の特徴

※化学合成品となります。(よくある動物抽出タイプは取り扱っておりません。)

メラトニンとは?

メラトニンは自然な眠りの友であり、暗闇が目に認知されると、

脳の中心にあるエンドウマメほどの大きさの松果体(しょうかたい)から分泌されます。

夜間にメラトニンが働いて、体が睡眠サイクルを調節する助けをします。

人は年をとるほどメラトニン分泌量が少なくなるようです。そのため、

若い人は比較的睡眠に問題がないのだと科学者は主張しています。

メラトニンをなぜ補給するのですか?

 「少量のメラトニンの使用は睡眠を促進し,時差ぼけを和らげます。しかも睡眠薬のような危険性や副作用がない」とある研究は示しています。他にも様々な効用があるのではないかということで,気分がよくなる,免疫力を高める,体内の活性酵素を減少させるといった例が報告されています。対酸化体効果,抗ガン効果,睡眠不全,時差ぼけに対する効果があるかどうか現在研究がすすめられています。しかし,現時点で,多くの研究はまだ十分に確証されているわけではありません。

どんな効果がありますか?

 米国でメラトニンは医薬品ではありません。FDA(米国食品医薬品局)はメラトニンに医薬品的な効果や効能を認めていません。メラトニンを服用する場合,サプリメントとして,栄養補給の目的で使用します。一般的に,長距離旅行者や軽い睡眠不全の方が使用します。米国ニューズウィーク誌は,典型的なコメントとして「みなさん,メラトニンを試してみましたが,最高ですよ。睡眠サイクルを元にもどしてくれて元気がでました。」と大きく紹介していました。

お勧めの服用量は?

メラトニンの服用適量には個人差がありますが,0.1mg から 200mg の範囲で服用した時に望ましい結果がでています。信頼できる医療研究は「わずか 0.1mgの服用であっても,何時であるかにかかわらず楽に眠くなる」と伝えています。初めての方はまず少量(0.5mgほど)を睡眠前に毎晩服用し,後で必要ならば量を増やしましょう。

服用をさけるべきタイプは?

以下の方はメラトニンの服用を控えてください。妊娠中や乳幼児のいる女性(ホルモン補給が胎児や乳幼児にどのように影響するか明らかではありません)。ひどいアレルギー症状,自己免疫疾患の方(免疫機構を刺激し症状を悪化させることがあり得ます)。リンパ腫,白血病等免疫系にガン症状のある方(同じ理由)。健康な児童(すでに豊富に分泌中)。妊娠を予定している女性もよく考えてください。多量の服用は避妊薬として作用します。新規に服用を始める場合,とりわけ,何らかの治療,投薬を受けている場合,服用前に必ず医師に相談してください。

寿命を延ばしますか?

メラトニンと寿命の関連を示す人体研究はありません。ただしマウス実験では,20%も寿命が長くなりました。もしメラトニンのおかげでもっと健康的に長生きできるとしたら,それは以下の理由によることでしょう。すなわち,メラトニンはラジカルを減少させ,免疫機構を刺激し,心臓血管系を保護し,体内時計のリズムを若いまま保ち,成長ホルモンの生成を刺激するからでしょう。

性欲を高めますか?

人間に関する限り,このことを示す証拠はありません。しかしながら,「定期的にメラトニンを少量服用するなら,年齢にそって減少するテストステロンの減少を抑え,老後にもっと性的に活発になれる」と1995年ローデント研究は示しています。

安全性はどうですか?

 メラトニンは最も毒性の少ない物質として知られています。通常摂取量の600倍から3000倍に相当する6gを服用,厳重にモニターされた研究でも,全く毒性があらわれませんでした。メラトニンへの苦情は,現在のところ,わずか4件しかFDA(米国食品医薬品局)に報告されていません。多量服用に伴う副作用は,眠気と反応の鈍さです。最も規模の大きい医療実験では,75mgという多量投与がオランダで1400人の女性に4年にわたり行われましたが,全く病的影響はありませんでした。過去2年以上にわたりメラトニンは店頭で販売されてきたが,警告を促すべき副作用はまったく報告されなかったとFDAは述べています。

服用するタイミング

メラトニンは夜,通常就寝約30分前に服用されるべきです。長距離旅行に出かけるなら,飛行機に乗る前に 300mcg錠を,就寝前に1.5mg錠を服用したいと思われるかもしれません。通常夜間に睡眠をとる方は,日中にメラトニンを服用すべきではありません。逆も同じです。メラトニンには体内時計を調整する働きがあるからです。

目覚めは良いですか?

 通常,気分爽やかに活力に溢れて目覚めるはずです。もし少し疲れた気分で目覚める場合は,起きた時に爽やかになれるまで,メラトニンの服用量を少くするべきです。睡眠薬で経験するような二日酔状態になることはないでしょう。

こちらも人気

エチラーム 1mg100錠 精神安定剤(デパスのジェネリック) 

アモバン ジェネリック(ゾピクロン錠) 7.5mgx100錠

この商品に対するお客様の声

現在のカゴの中

商品点数:0点

合計金額:0円

カゴの中を見る
アイパワー のご利用について

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬事法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

プライバシーポリシー

特定商取引に関する法律に基づく表記