商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

信頼と実績の医薬品個人輸入代行


LINE ID:kusuri-daikou
メールが届かない方は、LINEで、ご連絡ください。





おすすめ商品

マーチ版ダナボル DANABOL DS 10mg 500錠 (別名:ダイアナボル)

販売価格 ¥20,650

蛋白同化ステロイド(アナボリックステロイド)筋肉増強剤

スタノル(スタノール)STANOL 5mg 200錠

販売価格(税込) ¥10,068

世界で最も有名なステロイド。ベンジョンソンも使用

アンドロリック タブレット Androlic Tablets 50mg 60錠 主成分オキシメトロン

販売価格 ¥13,791

経口剤のステロイドでは最強 アナドロール Anadrolと同じオキシメトロンが主成分

アリミデックス ジェネリック(Armotraz) 1mg 30錠

販売価格(税込) ¥7,242

アナボリックステロイドの副作用(女性化乳房・脂肪や水分の蓄積・女性ホルモンの増加による性欲の低下など)を防止する

アナボリックステロイド使い方マニュアル BULK UP

販売価格 ¥2,753

基本的なアナボリックステロイドの解説書

アナボリックステロイド使い方マニュアル BULK UP Ⅱ

販売価格(税込) ¥2,973

基本的なアナボリックステロイドの解説書の2冊目

新着情報 RSS

2019年07月15日
以下の日、タイ&インド(一部)発送は休業いたします

8月10-12日
2019年06月25日
以下の日、タイ&インド(一部)発送は休業いたします

7月16日、17日、27日、29日
2019年04月29日
インド発送 or 一部のシンガポール発送

4/30に入りましたご注文は当日処理され、5月2日発送されます。

5/1に入りましたご注文は2日処理され、3日発送されます。

5/3に入りましたご注文は6日処理され、7日発送されます。

5/9に入りましたご注文は10日処理され、13日発送されます。
2019年04月25日
以下の日、タイ発送は休業いたします。

5月1日、4-6日、18日
2019年04月07日
以下の日、タイ発送は休業いたします。

4/12~4/16
2019年04月07日
以下の日、香港・シンガポール発送は休業いたします。

4/18~4/23
2019年01月25日
2/5(火)~2/7(木)の間、香港・シンガポール発送は、お休みします。
2018年12月05日
インド発送は休業いたします。

1月1日~2日

1月7日~8日
2018年12月01日
以下の日、タイ発送と、一部のインド発送は休業いたします。

12月5日

12月8日

12月10日

12月29日から1月3日
2018年11月16日
以下の日、インド発送は、お休みします。

11月21日(水)
2018年07月05日
以下の日、タイ発送と、一部のインド発送は休業いたします。

7月27日

7月28日
2018年04月27日
以下の日、インド発送はお休みします

5月1日 / 5月2日
2018年04月27日
以下の日、タイ発送はお休みします

5月1日

5月29日
2018年03月17日
以下の日、タイ発送は、お休みします。。

4月6日

4月7日

4月12-16日
2018年02月14日
旧正月のため、下記の期間は香港 & シンガポール発送はお休みさせて頂きます。

2/16~2/19
2018年02月14日
以下の日はタイの休日のため休業いたします。

3月1日
2017年12月12日
下記の期間、香港発送・シンガポール発送は、お休みさせて頂きます。

2017年12月29日(金)~2018年1月3日(木)
2017年12月05日
下記の日、タイ発送・インド発送は、お休みさせて頂きます。

12月9日

12月11日

12月29日~1月3日
2017年11月27日
下記の日、インド発送は、お休みさせて頂きます。

12月1日(金)
2017年11月20日
下記の日、インド発送は、お休みさせて頂きます。

11/24・11/25・11/26
2017年11月02日
下記の日、インド発送は、お休みさせて頂きます。

11月6日(月)
2017年10月17日
10/19・10/20 インドにおいてディワーリというお祭りが行われます。

郵便局及び税関は営業しませんので、貨物番号の発行、貨物の発送及び追跡状況の反映に遅れが発生します。

ご迷惑をおかけしますが、ご了承の程お願いいたします。
2017年09月25日
下記の日、タイ発送・一部インド発送は、お休みさせて頂きます。

10月13日・10月14日

10月21日・10月23日・10月26日
2017年08月30日
ムンバイ(インド)経由で発送される全てのお荷物が28日(月)からの大雨よる洪水のために郵便局と税関がクローズされ荷物の発送の遅れが発生しています。
2017年06月21日
下記の日、タイ発送・一部インド発送は、お休みさせて頂きます。

7月8,10日

7月28,29日
2017年04月18日
下記の日、タイ発送・一部インド発送は、お休みさせて頂きます。

5月1日

5月10日
2017年03月27日
下記の日、タイ発送は、お休みさせて頂きます。

4月6日

4月12,13,14,15,16日

4月29日
2017年01月18日
1/28~1/31の間、香港・シンガポール発送はお休みさせて頂きます。
2016年12月13日
12/28~1/3

香港・シンガポール発送は、お休みさせて頂きます。
2016年12月02日
2016年12月と年末年始のタイ・インド発送は、以下の日は休業いたします。

12月3日

12月5日

12月10日

12月29日~1月3日
2016年09月26日
2016年 10/22 ~ 10/24

タイ発送は、お休みさせて頂きます。
2016年08月02日
2016年 8/12~8/14

タイ・インド発送は、お休みさせて頂きます。
2016年07月03日
2016年 7月16~20日

タイ・インド発送は、お休みさせて頂きます。
2016年04月26日
2016年 5/2 ・ 5/5~5/8

タイ・インド発送は、お休みさせて頂きます。
2016年03月31日
2016年 4月6日・4月13~16日・4月30日

タイ・インド発送は、お休みさせて頂きます。
2016年02月02日
2016年 2月20~22日 タイ・インド発送は、お休みさせて頂きます。
2016年02月02日
2/8、2/9 旧正月のため、香港・シンガポール発送は、お休みとなります。
2015年12月17日
一部の商品を除き、下記の期間発送を、お休みさせて頂きます。

12月5日~12月7日・12月10日

12月26日~2016年1月3日
2015年07月28日
2015年8月12日・8月15日、タイ・インド発送は、お休みさせて頂きます。
2015年05月25日
2015年6月1日、タイ・インド発送は、お休みさせて頂きます。
2015年04月16日
下記の期間、タイ・インド発送は、お休みさせて頂きます。

2015年5月1~5日、30日
2015年03月27日
下記の期間、タイ発送は、お休みさせて頂きます。

2015年4月4~6日、11~15日
2015年02月20日
2/9~2/28 スリメックスの発送は、お休みさせて頂きます
2014年12月02日
年末年始の下記期間は、お休みさせて頂きます。

12月27日~1月4日
2014年11月10日
ビットコイン(bitcoin)が使えるようになりました。
2014年09月27日
10月1日~2日は香港の祝日(国慶節,重陽節)のため、香港発送商品の発送が遅れます。
2014年09月27日
個人輸入代行アイパワー ipower リニューアルオープンしました。

配送される小包の荷姿

このような状態で届きます。

★国際ペリカン便の荷姿の例

*

厚紙の梱包紙です

*

品名はアルファベットの記号

  • 国際ペリカン便は、厚紙の梱包紙が多く使われます。
  • 品名はアルファベットや数字の記号となっています。
  • 医薬品名や商品名がラベルに表示されることはございません。
  • 個人輸入で通関にて検査を受けますので、パソコン部品等へご希望の商品名へ変更を承ることはできません。

★国際書留便の荷姿の例

*

小さな段ボール箱です。

*

品名は「Supplement」と記載されてます

  • 小さな段ボールで届きます。
  • 品名は「Supplemen」となっています。
  • 医薬品名や商品名がラベルに表示されることはございませんので、ご安心ください。。
  • 個人輸入で通関にて検査を受けますので、パソコン部品等へご希望の商品名へ変更を承ることはできません。

★インドからの荷姿の例

*

クッション付きの封筒です。

*

品名は「health Product」と記載

  • インドからのEMS便、RAM便は、クッション付きの封筒が多く使われます。
  • 品名は「health Product」となっています。
  • 医薬品名や商品名がラベルに表示されることはございません。
  • 税関検査を受けますので、パソコン部品等へご希望の商品名への変更することは出来ません。

個人輸入代行アイパワー:パキシル錠について

身体の健康に効果がある薬には色々なものがありますが、精神的な不安やうつ症状に効果的な薬も最近では安全なものが増えてきました。不安感や落ち込み、うつ病の症状に効果があるとして最近有名になってきた薬にはパキシルがあります。このパキシルはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という種類の抗うつ剤であり、セロトニンの働きを高める効果が期待できます。このセロトニンは脳内で働く神経伝達物質であり、これが少なくなると感情のコントロールができなくなったり、精神面での不安感が増すようになってきます。

セロトニン不足は様々なストレス障害が出たり、身体症状として睡眠不足やうつ症状が出ることもあり対策を取る必要があります。セロトニンを増やすためには定期的に日光に当たることや運動をすること、食生活の改善などをするのが大切ですが、それでも自分でコントロールできない部分は薬に頼ることも大切です。

SSRIはこのセロトニンの働きを増やす効果あがり、パキシルなど様々な薬が日本でも使用されています。パキシルはうつ病やうつ状態、不安障害、パニック障害、強迫性障害に対して効果があります。また不安障害でも広範囲な社交不安障害や全般性不安障害から、PTSDなどの外傷後ストレス障害にも効果があります。

これらうつ病や不安障害に関しては日本でも震災後に患者が多くなった傾向があり、パキシルなどのSSRIが有効だったというケースも多数存在します。SSRIは徐々に効果が出てくるタイプの薬ですので、一日一回を服用しながら長く続ける必要があります。

早い人だと2週間位で効果が現れますが、効果が実感できるまで1ヶ月程度掛かる人もいるので個人差があるのは覚えておきましょう。段々とパキシルで効果が出てきたら、それをきっかけにして生活習慣を改善してセロトニンを増やすライフスタイルを心がけるようにしましょう。最近ではパキシルもジェネリック商品が出ているので、負担も少なくなってきているのは嬉しい点です。

セロトニンの働きをサポートし精神安定を図るパキシルの効果


パキシルはパロキセチン塩酸塩水和物が主成分で、選択的セロトニン再取り込み阻害薬「SSRI」に分類されている抗うつ剤になります。うつの症状を引き起こす原因には諸説ありますが、その中で神経伝達物質であるセロトニンが欠乏することで発症する、内因性のものに治療効果が得られるとされている薬の1つです。

うつやパニック障害、社会不安といった症状だけではなく、女性の生理前の不安定な気分、PMSなどの改善にも効果が見られます。セロトニンは快楽などの心地よい感情を司っているドーパミン、怒りや不安感などのマイナス感情を司っているノルアドレナリンの働きをそれぞれ抑制させ、精神安定を図る役割があります。そのため、分泌が不足することにより気分が安定せず、攻撃的になったり、逆に不安に苛まれて気分が塞ぎこんで浮上できなくなるなど、さまざまな精神症状を引き起こすとされているのです。

その治療方法として、セロトニンの分泌量を調整するセロトニントランスポーターに作用をするSSRIが用いられています。ただし、パキシルは正確にはセロトニンの量を直接的に増やす働きをする薬ではないという点に注意が必要です。分泌されたセロトニンは、主に中枢神経系に存在するセロトニン受容体に送られますが、その全てが届けられるわけではありません。届かなかったものはセロトニンを分泌する側に再び吸収されて十分な働きができなくなることから、その吸収を阻害することで受容体がより多くのセロトニンを迎え入れられるようにするのが、SSRIの効果になります。

パキシルを利用することで結果的にセロトニンの濃度と神経伝達能力を高めることができ、抗うつ、抗不安作用を得られると考えられているのです。セロトニンは日の光を浴びたり有酸素運動を行うことで分泌量を増やす働きかけを行えますが、服用により、過剰なストレスを予防したり、マイナス感情に苛まれないように気分を落ち着かせ、健全な精神状態へと落ち着かせる治療を行うことが可能になります。

長い歴史を持つパキシルの効能について


パキシルの特性として最初に挙げられるのが、セロトニンを増加させることに特に効果的であるという点です。セロトニンは神経伝達物質の一種であり、不足すると心理的に不安定な状態へと陥ります。パキシルは選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)という種類として扱われている薬であり、これを服用することによってセロトニンの分泌量を安定させられるため、気分の落ち込みを回避させ、意欲を高める効果に期待することができます。

国内外でパキシルの有効性は高く評価されており、日本においては2000年の段階で鬱病やパニック障害に対する適用が認められ、2006年に強迫性障害、2009年には社会不安障害、2013年からはPTSDに対してもパキシルが処方されています。また、アメリカではこれらの病気と障害に加え、全般性不安障害と月経前気分不快症に対しても有効であると判断されるなど、より深い分野でパキシルが適用され、今もなお注目を浴び続けています。

パキシルの強みとして挙げられるもう一つの特徴が、効き目の切れ味の鋭さと持続時間の長さです。パキシルには、肉体的・精神的なストレスを感じた際に放出されるノルアドレナリンというホルモンの一種を安定化させる作用もあり、これが鬱抑制効果の鋭さに繋がっています。パキシルの半減期としては14時間とされており、最高血中濃度到達時間も約5時間となっているため、体内で効果を発揮している時間も比較的長く、1日に一度の服用でも問題なく効果が持続することになります。

パキシルを服用することにより、不安や落ち込みといった鬱の根源ともなる症状を抑制することができますから、これらの症状が目立つという方には特に強い効能を期待することが可能です。日本国内で認められているSSRIのうち、パキシルは2番目に長い歴史を持つ薬であり、これまでに多くの方に処方され続けてきたメジャーな薬ですから、安心して服用することができます。

パキシルはどんな効果がある?メリット、デメリットは?


うつ病やうつ症状、パニック障害になったときに飲むパキシルという薬を処方されることがあります。ですが、精神疾患の薬だとどうしても副作用が怖いというイメージがあり、飲むのが怖いという人もたくさんいます。ですが、うつ病などに使われる最近の薬は副作用も少なく安全性が高くなってきています。では、パキシルの薬の効果などについて紹介したいと思います。

まず、どんな効果が期待できるかというと、パキシルはセロトニンだけを増加するように作られた薬になります。それ以外の作用を抑えることで副作用を軽減させています。セロトニンを増加させることで落ち込みや不安症状に効果がある薬になっています。また、うつ病、うつ症状以外にもさまざまな不安障害、強迫性障害、外傷後ストレス障害、月経前気分不快症などにも効果があるので、精神的にどこかおかしいなと思ったら病院へ行って処方してきてください。

ただ、薬なので使うことでメリットやデメリットもあるので、紹介します。まず、メリットは効果の切れ味が良い、様々な不安障害に効果があり適応がある、ジェネリックが発売されているということがあります。薬の値段もそこまで高価ではないので、利用しやすく、心療内科に行くとよく処方される薬です。反対にデメリットは胃腸障害が起こることがある、性機能障害が多い、ほかの薬よりも眠気や太りやすさがある、離脱症状が目立つなどがあります。デメリットは主に副作用に関することですが、どれも重篤な症状が起こるわけではなく、たとえば胃腸障害などが起これば胃を整える薬がもらえたりするのでそこまで神経質になることはありません。ただ、副作用がない薬はないので、このような症状が起こるかもしれないということを覚えておいてください。

もちろん、副作用がない人もたくさんいるので、パキシルを飲めば必ず副作用があるわけではないので安心してくださいね。このようにパキシルはうつ病やパニック障害、その他の精神疾患でよく利用される薬で危険性が少ない薬なので安心して利用してくださいね。

商品に対するお客様の声

現在のカゴの中

商品点数:0点

合計金額:0円

カゴの中を見る
アイパワー のご利用について

当社は会員制になります。
不特定多数に未承認薬を公開する事は日本の薬事法により禁じられています。
当社では日本の法律を順守し、ご利用頂けるお客様へ、商品のご紹介をさせて頂いております。

当社の商品をご覧いただくには 会員登録 (メールアドレス) をお願いいたします。

プライバシーポリシー

特定商取引に関する法律に基づく表記